×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

成犬と暮らしはじめる方法


被災したわんちゃんの多くは、大人の犬 = 成犬です。
どこの愛護団体さんも預かれるペットの数には制限があり、ほとんどのシェルターは、すでに満員となってしまっていて、一時的にわんちゃんを預かる一時預かり、被災者の方が手放した子の里親になってくれる人が、広く求められています。

わんちゃんをお迎えする場合、ご家族のライフスタイルにあっているかどうかが、大きなポイントになります。
インドア派かアウトドア派か、毎日の散歩の必要量に合わせられるかどうか。住宅事情にも大きく左右されます。

大人のわんちゃんは、すでに性格や体格が安定していますから、一緒に暮らしたときのイメージをしやすいです。
成犬になってからでも、たくさん愛情を注いであげれば、ちゃんと仲良くなれますから、大丈夫ですよ。

保護されたわんちゃんのなかには、飼い主さんとの別れにより心に傷を持った子や、病気を抱えている子も多いですが、それを受け止めた上で、家族に迎えて下さい。
特に里親になる事をご検討頂いている方は、一度家族を失ったわんちゃんに、 同じ悲しい思いをさせる事が無いように、事前にじっくりと考えて下さいね。

成犬を家族に迎えられる時に注意したいポイントを、 ステップバイステップ方式でまとめてみました。
一時預かり、里親さん、ぜひ考えてみて下さいね!

印刷用のpdfファイルのダウンロードはこちらから出来ますのでご利用下さい。
掲載されているイラストレーション、およ び記事の無断転載、使用を禁止します。
この資料を各自印刷し、無料で配布したり、使用することは可能です。(2011年7月発行)


ダウン・ロード用のバナーです。お持ち帰り自由ですので、ご活用下さい。

 

成犬と暮らしはじめるステップ・バイ・ステップ